孵化

​業務案内

​業務案内

柳葉魚の町むかわの取り組み

柳葉魚の漁獲量が減ってから、代用品として輸入されししゃもとして販売されたカペリン(カラフトシシャモ)との差別化を図り柳葉魚を守るため鵡川漁協を中心に様々な取り組みを行って来ました。

本ししゃもの旬と漁

10月から11月下旬にかけて、産卵期を迎えたシシャモが沿岸に集まったところを漁獲します。

近年は10月上旬に開始。ししゃもの回遊の様子を調査して開始日を決めます。開始日から40日間だけの漁です。

鵡川ししゃもの旬と漁

ししゃも桁網漁(ししゃもこぎ網漁)といわれ、袋状の十数メートルの網を流しながら船で引きます。漁の操業時間まで厳しく管理して乱獲を規制しています。

ししゃもを守る取り組み

ししゃもはかつて、川が真っ黒になるほど上がったといいます。むかわ町の漁獲量は、大正15年に19トン、昭和5年には68トン、昭和43年には178トンに上り、かつては大衆魚のひとつでした。鵡川の整備、漁法の進歩による乱獲、近年では海や川の環境変化も影響してか、漁獲は不安定で希少な魚になりました。えりも以西の群れは「絶滅の恐れのある地域個体群」としてレッドデータブックに記載されています。平成2年には漁獲が7トンと激減。当組合では翌年から4年連続で自主休漁とし、大切な資源を守るためじっと我慢をしました。その後やや持ち直していますが、鵡川のししゃもの水揚げは北海道全体の10%程度となっています。古くから私たちと共にあった貴重なししゃもの、限りある資源を守り後世に伝えていくため、地域をあげてさまざまな取り組みをしています。

孵化
1.人工孵化事業

鵡川漁協を設立する前から、人工ふ化・放流事業への検討がされていました。昭和24年に当漁協を設立した翌年には同事業を開始しています。

人工ふ化事業

現在は産卵のために鵡川を遡上したししゃもを捕獲し、人工ふ化場の水槽の中で自然産卵、受精させる「自然産卵方式」をとっています。翌春まで温度管理などをして卵を守り、春にふ化を間近に控えた発眼卵を放流します。2022年には町が孵化場を新設する計画。現在の3倍の数の人工ふ化が可能になります。

2.漁の自主規制

乱獲を防ぐため、さまざまなルールを決めて、慎重に漁を行っています。当組合では昭和40年にししゃも資源を共有する漁協や市町村で設立した「胆振管内ししゃも漁業振興協議会」に所属、協力して資源を守っています。平成18年にはさらに広域の「えりも以西海域ししゃも漁業振興協議会」の設立に参画し、えりも以西全体の資源を守る事務局を担っています。

<シシャモ漁のルール>

  • 開始日から最長連続40日間、日の出から日の入りまでしか操業できない。日曜日は禁漁(えりも以西全域)。

  • 定期的にししゃもの卵の成熟度を調査し、数値データを基に遡上日を予測し、漁を打ち切る。

  • 資源量に応じて自主的に漁に出る船を減らしている。

  • 網を改良し、稚魚の混獲を極力防ぐ。

穏やかな海
森の木
3.森を育てる

森が川に栄養分を流し、水を保持し、川を上ってきた魚はやがて命尽きて森の栄養分となります。森は自然災害からも川を守ります。漁業にとって、いかに森が大切かということは、今や全国の漁師がよく知っています。当漁協でも、むかわ町や占冠村と一緒になって、鵡川源流付近で春と秋に植樹活動を行っています。

4.地域団体商標(特許)取得

鵡川漁協は2006年4月1日に「鵡川ししゃも」の商標登録を出願し、2006年10月27日に地域団体商標として特許庁の認定を受けました。これはむかわ町の長い柳葉魚漁の歴史と独特な柳葉魚加工技術が認められたからです。この清らかな流れを孫子の代まで守り、むかわ町になくてはならないししゃもを守るために、これからも研究と活動を続けていきます。 森を育てます。

工場
本物の柳葉魚を食べてください
漁期がたったの40日しかないアイヌの神様が恵んでくれた「鵡川ししゃも」

むかわ町でしか食べられない「ししゃも寿司」など、本当はむかわ町に来て召し上がっていただきたい。一度食べたら病み付きになること間違いなしの美味しさですが、場所が北海道ではなかなか簡単には来ていただけません。この鵡川ししゃもを全国に知らしめたのは、鵡川ししゃもを干して干物にして日持ちをするようにして販売してからです。干物なら全国どこでも美味しさそのままにお届けすることができます。ぜひ一度舛岡水産の本物のししゃもをお召し上がりください。鵡川ししゃもの特徴はオスも美味しいことです。子持のメスはもちろん、オスまで美味しい鵡川ししゃもは丸中舛岡水産でお求めください。

寿司
物産館

有限会社丸中舛岡水産は、道産ししゃもの専門工場として60年以上の歴史を持っております

だからこそ、おいしさを生み出す技術をたくさん蓄積してきました。当社では、ししゃも漁を終えた船が港に到着すると、その場ですぐに仕分け作業を始めます。特大・大・中・小と選別し、手作業で一匹一匹串に刺します。そうして、丁寧に干して旨みを凝縮しているのです。日本の台所東京築地市場へ最初に干ししゃもをおいしい魚と紹介し、全国に広めた会社と自負し、これからも、安全で安心できるおいしいししゃもをご提供していきます。近年は、水産干物製造に加えて、独自の加工調理技術を取り入れ付加価値の高い、お客さまが手間をかけずに食する事が可能な加工品などの開発にも力を入れてきました。今後は、地元の特色・風土を活かした地域性の強い加工商品を作ってまいります。

 

運営会社

有限会社 丸中舛岡水産

代表者

舛岡 博美

所在地

〒054-0015 北海道勇払郡むかわ町汐見43番地

​Tel

0145-42-2178(本社・工場)

Fax

0145-42-2776(本社・工場)

設立

昭和33年

資本金

300万円

運営会社

株式会社 マスオカ

代表者

舛岡 大樹

所在地

〒054-0015 北海道勇払郡むかわ町汐見43番地

​Tel

0145-42-2178(本社)

Fax

0145-42-2776(本社)

設立

平成28年

資本金

300万円

主な業務内容

水産干物製造、加工食品製造

アクセス
JR汐見駅徒歩5分

水産加工製造業者から、惣菜製造販売および食料品販売事業者へ

ひとにやさしい、天然のものを大切にした味をおとどけします。先代の開業から現在に至る歴史の中で、水産干物製造一筋に、特に、昭和30年代には干しししゃもの製造規格を作り上げ、日本の台所・東京築地市場に干しししゃもを持ち込みました。当時、ししゃもは、味はいいものの、いたみやすいため、あまりよく受け入れてくれまでした。水揚げされたししゃもの「鮮度」保持と、質を見極め、選別し、手作業で一匹一匹クシに刺し、その上で乾燥方法や時間の管理などにこだわって、深みのある上品なおいしさに仕上げました。このこだわりで、鵡川のししゃもは秀逸だという評価をいただきました。近年では、水産干物製造に加えて、二次三次加工技術を取り入れ付加価値を高めて、消費者が手間をかけずに食する事が可能な商品の開発にも力を入れてきました。

特に、地元の特色・風土を活かした食べ方・保存方法等を取り入れて地域性の強い商品を作り、他社との差別化商品の開発をめざしてきました。おかげさまで、一貫一貫丁寧に握ったししゃも寿司を急速冷凍させた「北海道産極上ししゃも寿司」や、「ししゃも天ぷら」。 レンジで温めるだけで炙ったししゃもが手軽に食べられる「レンジでポン炙り若ししゃも」「レンジでポン炙り真かすべ」といった商品の市場導入も果たしています。これからは、水産加工製造業者から惣菜製造販売および食料品販売事業も強化して、お客さまに喜ばれる食品メーカーをめざしていきます。

有限会社丸中舛岡水産 代表取締役 舛岡 博美

株式会社マスオカ 代表取締役 舛岡 大樹